英語と暮らす街で新築マンションを買う

新築マンションの売り上げは、堅調な状態が続いていますが売れるマンションは何かしらのウリや特徴を持っています。ただ新しければ売れる時代ではなくなってきているのです。

例えば最近多いのは、都内の中心地なら自然環境を強調した物件が多いですし、それ以外の場所でもエコ意識のニーズに応えた太陽光発電などの自然エネルギーを利用した物件が人気です。ここ数年はそういった物件が人気を集めているのですが、最近非常に斬新な特徴を持つ物件が登場しています。

それがこちら。参照→つくばエクスプレス沿線のマンションのWEBサイト

GLOVAL VILLAGE PROJECTという南流山にある新築マンションですが、この物件の最大の特徴は学園都市である流山市の魅力を最大限生かした、英語を暮らす街というコンセプトです。英語教育や子供の育児に力を入れており、子育て世代におすすめの街になっており、小学館アカデミーとのタイアップなど、これまでのマンションのコンセプトからは考えられないラインナップになっています。

マンション内の共用施設において英語教室を開くなど、これからグローバル化が進むにつれて重要になる英語を、自然に身につけることが出来る環境が整っています。何事も子供の頃から自然に身につけるのが良いと言われていますから、この環境は子供の学力を上げるために最適なのではないでしょうか。

No Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする